にきびができる原因とは

subpage1

思春期になるとにきびで悩む人が多くなりますが、最近では大人でも悩んでいる人が多くなっています。


にきびができてもあまり気にならないという人もいるでしょう。
放置しておいても治ることはありますが、痕になってしまうこともあるので適切なケアを行うことが大切です。

思春期にできるにきびも大人になってできるにきびも毛穴の詰まりが原因とされています。



ニキビは皮脂分泌が活発な顔や胸元、背中などにできやすいということですが、まずは皮脂の分泌が増える原因について知っておくと良いでしょう。
思春期になると成長ホルモンの分泌は増えるため、皮脂の分泌が増えることになります。

特に顔の皮脂の分泌が活発になるため、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなるのです。



思春期になると男性には男性ホルモンが多く分泌されますが男性だけでなく女性にも男性ホルモンは分泌されます。女性の場合はストレスなどが原因で男性ホルモンの分泌が増えてしまうこともありますし、それがニキビの原因となってしまうこともあります。

男性ホルモンは皮脂分泌を活性化させる働きがありますし、皮膚の角化を促進売る働きなどもあるため、できるさけ分泌量を少なく抑ええるように心がけましょう。

現代人は常にストレスを感じながら生きているということですが、過度のストレスを感じると交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまいますし、男性ホルモンの分泌や皮脂の分泌が増えてしまうことになります。

また、黄体ホルモンにも皮脂の分泌を促す作用があります。

livedoorニュースの情報を確認できるサイトです。