正しいにきびの治し方

subpage1

にきびができてしまった場合、肌質やにきびの段階、部位などによってケア方法は異なります。

にきびは悪化していく段階で種類があり、毛穴に角栓が詰まった状態の白ニキビ、皮脂が酸化して黒く変色してしまった黒ニキビ、炎症を起こした赤ニキビ、膿がたまった黄色ニキビ、炎症が極限まで悪化してしまった紫ニキビがあります。

livedoorニュース情報はこちらに集まります。

白ニキビや黒ニキビは、毛穴に皮脂が詰まった状態で、まだ炎症を起こしていませんから、適切な治療を行うことでニキビあとも残すことなく治すことができます。
ただ、ホルモンバランスの乱れなどが原因の場合には、根本的な治療を行わないと、再発してしまいますから、医療機関での治療を受けることが賢明な選択といえます。

炎症を起こしてしまった赤ニキビや黄色ニキビ、紫ニキビなどは、皮膚科を受診して、適切な医療を受けないと、ニキビ跡が残ってしまいます。


治療としては、炎症を抑える抗生物質や、ステロイドなどの医薬品を使用したり、漢方を併用するなどして、治療することも効果的です。



にきびを改善するには、日常的なスキンケアも大切ですが、素早く治すためには、医療機関を受診して、適切な治療を受けることが大事です。特に、広範囲に炎症を起こしてしまった場合には、ニキビ跡ができる可能性が高いので、早期に炎症を抑えることが重要です。ニキビあとができてしまった場合には、美容皮膚科のレーザー照射によって改善させることも可能ですが、100パーセント確実につるつるの肌になるとは限りませんし、リスクも伴いますから、日常的ににきびを予防することが大切です。