にきびの原因と改善する方法

subpage1

にきびは、青春のシンボルとも呼ばれるように、10代の中頃に大量に発生します。これは、この時期に分泌量が急増する成長ホルモンのテストステロンの作用により、皮脂腺の活動が活性化するからです。

これにより分泌量が増加した皮脂を餌にして、アクネ菌などの常在細菌が増殖します。

そして、これらが毛穴の入り口付近を塞いでしまうことにより、炎症を起こして膨れ上がるという仕組みです。

なお、この青春期のにきびはテストステロンの分泌量が安定化すると共に改善するようになり、遅くとも20代の前半には鎮静化します。
また、この時期は皮膚のターンオーバーも活発であり、にきび跡が残るという心配もありません。
ただし、これですべてが片付いたというわけではなく、これ以降もトラブルが発生する確率は0%ではありません。

何故なら、ストレスによりホルモンバランスが崩れてしまうと、再び皮脂の分泌量が増加するからです。



すると、青春期と同様にアクネ菌が増殖しやすい状態となるので、毛根周辺部の皮膚がダメージを受けて炎症を引き起こすことになります。

このような症状は大人にきびと呼ばれており、それほど大量にできるわけではありませんが、跡が残りやすいのが特徴です。

よく利用されているT-SITE情報探しならこちらをご確認下さい。

これは、ターンオーバーが低下しているので、新しい皮膚とのチェンジが上手いいかないからです。このような状態になるのを防ぐためには、根本的な原因であるホルモンのバランスを改善しなくてはなりません。
また、もう一方の原因である常在細菌の増殖を防ぐために、清潔な状態を保つということが、具体的な対策となります。