婦人科系のがん検診とは

人間ドックや健康診断の中で、年齢などによって婦人科系のがん検診を行う場合もあります。

女性の特有の病気というのは、意外に気付きにくいこともあるので、30代、40代くらいになったら、是非受けてみるようにするといいでしょう。婦人科系のがん検診としては、子宮がんと乳がんの検診があります。

子宮がんでは子宮体がんと子宮頸がんがあり、特に子宮頸がんでは若い人でも発症する可能性があるので、検査をした方がいいでしょう。

これらは、生理の時には行うことができないので、重ならないようにする必要があります。

子宮がんの検診では内診のほかにも細胞診を行ったりして状態を検査していきます。



がんだけでなく、子宮筋腫や卵巣嚢腫などの病気を発見できることもあります。
また、乳がんに関しては、外科医の触診のほかにも、マンモグラフィや超音波エコーを行うこともあります。

触診は医師が乳房の付近を丁寧に触っていき、しこりがないかどうか確認していく方法です。



マンモグラフィは、乳房を機械に挟んでレントゲンを撮る方法であり、異常が見つかりやすいといわれます。
しかし、レントゲンを撮るので、妊娠をしている人などでは注意する必要があります。超音波では、マンモグラフィでうまく撮影できなかった人などには適した方法であり、若い人に向いています。

がん検診に関する疑問にお答えします。

このように、子宮がんや乳がんの検診は、女性特有の病気の早期発見のためにも行っておきたいがん検診の一つになります。



Copyright (C) 2015 婦人科系のがん検診とは All Rights Reserved.